日頃より、東京都ゴルフ連盟の事業運営にご協力・ご支援を賜り、誠にありがとうございます。
新型コロナウイルス感染症拡大防止の対策として、緊急事態宣言等を踏まえ8月12日までの事業運営について中止を決定し対応してまいりましたが、関係者の皆様にはご理解ご協力をいただき、心より感謝申し上げます。
このたび、ようやく緊急事態宣言が解除され、感染の収束に向けた動きが出て来ましたことは、誠に喜ばしいことと存じます。
とはいえ、まだ油断は禁物であり、引き続き感染防止に努めなければならない状況が続いております。
当連盟としては、こうした状況を踏まえ、今後の事業を実施するための方策を検討しております。
「事業者向け東京都感染拡大防止ガイドライン」、日本スポーツ協会の「スポーツイベントの再開に向けた感染拡大予防ガイドライン」、日本ゴルフ協会の「日本国内の小規模ゴルフ競技における新型コロナウィルス感染症対策並びに具体的な運用事例について(非興行型のアマチュア用イベントやプロも参加する小規模予選会を含む)などを踏まえながら、感染防止対策を講じていきたいと存じます。
加盟団体の皆様、個人会員・選手の皆様、ゴルフ場関係者をはじめ、当連盟に関わっていただいている方々におかれましては、それぞれ大変厳しい状況にあろうかと存じます。
当連盟も多くの事業者と同様に厳しい状況にありますが、事業の再開に向けて最大限の努力を行い、開催を心待ちにしている皆様のご期待に応えることが、私たちの責務であると考えております。
今後ともみなさまの変わらぬご支援、ご協力をお願い申し上げます。

東京都ゴルフ連盟 理事長 青木 茂